LASER ACCURACY

Golf Utilitie

ゴルフレーザー距離計NEW LASER ACCURACY PINPOINT L1100/PINPOINT L700

最新モデルPINPOINT Lシリーズ登場!

PINPOINT L1100は最大計測距離1200ヤード(1100m)、PINPOINT L700は最大計測距離770ヤード(700m)の余裕の実力。余裕ある高機能計測システムによりプレーでよく使用する250ヤード以内の距離計測がストレスなく迅速に行えます。 直線距離は0.1ヤード単位の表示。GPSや他のレーザー距離計では不可能な正確性を発揮します。


PINPOINT L1100及びL700に新搭載のロックオン機能。細いピンフラッグを計測できた際に、ファイ ンダー内にわかりやすいロックオン表示でお知らせします。


高低差対応

PINPOINT L1100及びL700は、2つの高低差対応モードを実装。従来同様、直線距離、水平距離、高低差、角度を一括表示する高低差モードと、水平距離と高低差から簡易計算した高低差を考慮に入れた打つべき推奨距離を表示する簡易推奨距離表示モード、新ルールに対応したプレー時に使用可能な直線距離のみ計測する直線距離モードの3つのモードを用意。

詳しくはこちら

2019年1月のルール改定により、ゴルフプレーにおけるレーザー距離計が認められることになりました。今後は、ほとんどのゴルファーがレーザー距離計を使いながらプレーすることになるでしょう。新PINPOINTは、新ルールに対応!

新しくなったPINPOINTは、カーボンファイバールックのクールなデザイン。ポケットにおさまるコンパクトさを維持しながら高機能を内蔵。さらに雨天にも安心な防水仕様。

正確な距離がわかるから、攻められる!

「飛距離を計測する。」
「最適な攻略ルートを見つける。」
「ハザードを超える距離を知る。」
「ピンまでの距離を知る。」
「アプローチの落としどころを見極める。」

ビデオで早わかり。新型レーザーアキュラシー

期間限定!レーザーアキュラシー最新モデルを試せる!買える!

ベルエアゴルフクラブ(群馬県高崎市)で特別展示販売開催中

レーザーアキュラシーPINPOINTシリーズの購入はこちら

レーザーアキュラシー
PINPOINT L1100

価格:34,800円

最大計測距離 1200ヤード

0.1ヤード単位

光学6倍

ピンシーク&ロックオン機能

高低差対応

簡易推奨距離表示

防水

レーザーアキュラシー
PINPOINT L700

価格:29,800円

最大計測距離 770ヤード

0.1ヤード単位

光学6倍

ピンシーク&ロックオン機能

高低差対応

簡易推奨距離表示

防水

レーザーアキュラシー
PINPOINT S600

価格:17,500円

最大計測距離 660ヤード

精度±1ヤード

光学6倍

ピンシーク&ロックオン機能

直線距離専用

防水

レーザーアキュラシー
PINPOINT 550PS

価格:15,500円

最大計測距離 550ヤード

精度±1ヤード

光学6倍

ピンシーク機能

直線距離専用

防水

レーザーアキュラシー
PINPOINT 900

価格:29,800円

最大計測距離 900ヤード

精度±1ヤード

光学6倍

ピンシーク機能

高低差対応

防水

レーザーアキュラシー
PINPOINT 660

価格:24,800円

最大計測距離 660ヤード

精度±1ヤード

光学6倍

ピンシーク機能

高低差対応

防水

ユーザー様の声
 阿部様(50歳代)平均スコア90台の中級者ゴルファー。
いままで距離は100ヤード、150ヤードなどのヤード杭だけを参考にしていましたが、PINPOINT L700で計測すると、自分の思っている距離や高低差とかなり差があることに気付きました。ピンの位置が毎日変わることや杭の位置とボールの位置が離れていること、高低差についてはなんとなくしか考えていなかったことなど。そう思うとこれまで良いショットを打ってもピンに寄らなかったのは当たり前だったなと思います。自分の正確な飛距離も把握してグンとスコアアップができそうです。

佐藤様(60歳代)ハンデ4。アマチュア上級者ゴルファー。
以前からPINPOINT 900を使っていましたが、今回は、PINPOINT L1100に買い換えました。PINPOINT900もピンシーク機能を使って350ヤード以上計測できるのでその性能には満足でしたが、PINPOINT L1100は、最大計測距離が1200ヤードと高性能なので、ピンシーク機能でも400ヤード以上が計測できました。ロックオン機能でピンフラッグを計測できたかどうかがさらにわかりやすくなりましたね。
 斎藤様 ハンデ7。県アマ予選メダリスト2回。
PINPOINT 660を愛用していましたが、小型で操作もシンプルなPINPOINT S600を新たに購入しました。県アマなどの競技によく参加するのですが、2019年からはルールで直線距離の計測が認められることになったので使用場面が増えると思います。高低差機能のあるモデルは便利ですが、モードの切り替えなどを間違えてルール違反にならないように直線距離専用モデルを選びました。とにかく小さくて他社のレーザー距離計の約半分の大きさなのでポケットに入れても邪魔にならず気にいってます。

井下様(50歳代) ハンデ7。シングルプレーヤー。
いままでは距離について勘に頼ってきましたが、メンバーとなっているコースにGPSナビを搭載したカートが導入されて距離についての意識が高まっていました。ただ、GPSはレーザーに比べて精度が低いとのアドバイスを受けて仲間が勧めるレーザーアキュラシーを購入しました。PINPOINT L700を使用していますが、カートまでGPSナビを見に行く必要がなくなりプレーが早くなったと実感してます。ボタンを押すだけの簡単な操作で0.1ヤード単位で計測できて大満足です。
佐藤様(60歳代) ハンデ6。シングルプレーヤー。
2019年から競技でも通常のプレーでもレーザー距離計が使ってよくなると聞いて、いろいろとネットの情報を調べて、評判のいいレーザーアキュラシーのPINPOINT L1100を購入しました。はじめてのラウンドではうまく計測できなかったのですが、前からレーザー距離計を使用している同伴プレーヤーに計測するコツを聞いてすぐにスムーズに計測できるようになりました。通常250ヤード以上を計測することはほとんどないですが、計測性能が高く計測スピードが速いL1100にして正解でした。

下荒磯様 ハンデ14。シングルを目指すアスリートゴルファー。
ネットで見つけた安売りのレーザー距離計を購入したのですがすぐに壊れてしまい、友人に勧められてPINPOINT L700を購入しました。友人のレーザー距離計よりも早く、正確に計測できるので満足です。外観もカーボンファイバールックでかっこいいです。高低差など多くのデータを数値で知ることができるのが他社製品と違うところだと思います。新ルールにも対応していて安心です。
疑問解決 ― Q&A
Q.
どんなものでも測れるの?
A.
ゴルフ場のピンフラッグやグリーン面、バンカー、樹木、看板、人物等計測者から、直接見えるさまざまな対象物までの距離を計測できます。林の陰になっているなど、対象物に直接レーザー照射できない場合は計測できません。また、計測しにくい対象物としては、水面、黒っぽい色のもの、動くもの、小さなものなどです。計測しにくい対象物の場合は、当距離にあると思われる計測しやすい対象物までの距離を測ることでおよその距離を知ることができます。
Q.
ゴルフGPSナビとの違いは?
A.
プロや上級者は、GPSではなく、レーザー距離計を使います。GPSナビは、10ヤード以上の誤差が出ることがあるなど精度が低く、データを読み込むのにも時間がかかるのに対し、レーザー距離計は、瞬時に正確な距離を測定できるからです。また、ゴルフ用GPSナビは、ゴルフコースの一部のバンカーやグリーンエッジなど各ホールに数か所登録された地点までの距離しか距離表示しない、毎日変わるピン位置やティーグラウンドに対応していないなどの問題もあります。ゴルフ用GPSナビのゴルフコース地図表示やスコア計算などは初級者が好みますが、中級者以上にはレーザー距離計がお勧めです。日本では、まだGPSユーザーが多いですが、ゴルフ先進国アメリカでは、もはやゴルフ用レーザー距離計ユーザー数は、ゴルフ用GPSナビユーザー数とほぼ並び、追い抜く勢いで増えています。日本でもゴルフ用レーザー距離計が高価格だったことが普及を阻んでいましたが、ゴルフ用GPSナビとゴルフ用レーザー距離計との価格差も縮まったことから、今後、急速に普及することが予想されています。
Q.
どこが新しくなったの?
A.
PINPOINT Lシリーズは、多くのユーザーの声にこたえさらに使いやすくなったゴルフ用レーザー距離計です。従来のモデルから好評である6倍レンズ、そしてわかりやすい距離、高低差、角度の一括表示や便利なピンシーク機能はそのまま受け継がれ、ロックオン機能、新ルール対応、精度・計測性能の向上が実現しています。PINPOINT L1100は、1200ヤードまで、PINPOINT L700は770ヤードまで計測できる超高性能計測システムを搭載しました。ロックオン機能とは従来からのピンシーク機能を使ってピンフラッグをとらえたときにロックオンサインが表示されるものです。初級者、中級者向けにうつべき距離を簡易計算して表示するモードも追加されました。新ルール対応としてルールで認められる直線距離モードを使用の際に、ボディのLEDライトが点灯し周囲にそれを知らせます。また、おしゃれでクールなブラックボディの外観は、カーボンファイバールックとなりました。もちろん防水防塵仕様となり、視度調整リングのサイズアップでより使いやすくなりました。
Q.
新ルールの内容は?プロ、アマどちらを対象にしているの?
A.
プレー中に距離や方向に関する情報を得ること(例えば、距離計測機器やコンパス)が認めらることになったのです。 距離計の使用が認められたものの、高低差や推奨するプレーの線やクラブ選択に関する情報などを情報を得るために機器を使用することは認められていません。プロ、アマ問わずすべてのゴルファーがゴルフをプレーにする際に守るべきものです。R&A(全英ゴルフ協会)、USGA(全米ゴルフ協会)が定める世界共通のゴルフルールをJGA(日本ゴルフ協会)が日本語化して公開しています。
Q.
新ルール対応の距離計って何が違うの?
A.
新ルールでは、距離の計測を認めていますが、高低差等の計測は認めていません。しかし、練習やコースの下調べなどで高低差計測ができると便利です。R&A(全英ゴルフ協会)は、プレー時に高低差等が計測できる機器を使用しても、距離のみを計測するのであればルール違反ではないとしています。ただし、ルール違反となる機能の利用に対し、視覚的な表示や物理的な表示や機能のオン/オフ切り替えが明確にできるなどを推奨しています。新ルール対応のモデルとは直線距離専用モードへの切り替えができる、LEDの点灯などによって明確にルール違反でないことがわかるなどの機能を有したものです。
Q.
高低差などを計測できる距離計は使用できるの?
A.
高低差などを計測する機能をオフにした状態で使えば認めれます。例えばスマートフォンには電話機能やWeb閲覧、角度測定などたくさんの機能が付いていますが、新ルールに対応した距離だけを計測するアプリを使用することはルール違反とはなりません。 距離のみを計測する機器、または、高低差を計測する機能を持つ距離計でもR&Aが推奨する高低差等を計測しない距離計測専用機能への切り替えなどがあるものの使用が安心です。
ページの先頭へ